銀座・中華薬膳料理 新福 酸辛麺+ライス(1,260円+200円)

04/04/2007東京,銀座,ラーメン・ちゃんぽん,ひるベター!!

07-04-04-1.JPG
 ブックファーストに行った流れで、近くにこの店があることを思い出して訪問。
 メニューを見て、最初は野菜ワンタンにしようと思ったのだが、店員さんに量を確認したところ、男性には少なめだということなので、酸辛麺を注文。
07-04-04-2.JPG
 運ばれてきた時点で感じたのは、なぜか甘めの香り。そして、レンゲでスープを飲むと最初に口に広がるのも不思議な甘さ。これが徐々にラー油の辛さに転ずる。酸の部分よりも、甘の部分が勝っていることもあり、立ち上がりから酸と辛が全開となる、今までに口にしてきた酸辛麺のスープとは対照的な作り。
 また、キクラゲ、タマゴ、タケノコ、カニ、山クラゲ、ネギ、シイタケ、セロリ、中華ハムといった、たっぷりの具自体味が、ふと口の中で強い主張をしてくることがある。ベースとなるスープの味が強いにもかかわらず、これがしっかりと前に出てくる作りに不思議な感覚を覚える。
07-04-04-3.JPG
 麺は細めで、量も少なめ。スープとの相性は上々であるものの、やはり印象に残るのは複雑かつ繊細な作りになっているスープ。ということで…
07-04-04-4.JPG
 ライスを追加注文して、たっぷりと注いでたっぷりと体内に取り込む。不思議なもので、こうすると甘さよりも辛さが際立つ味になる。
07-04-04-5.JPG
 デザートの杏仁豆腐は、ライチと細かく刻まれた黄桃が載せられたもの。一口食べると、心地よいプルンとした食感から、酸辛麺が持つ不思議な甘さに対する、ストレートな甘さが広がる。久しぶりにいい杏仁豆腐を食べたという印象。
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。こちらもクリックいただけるとうれしいです。人気blogランキング・レストラン・飲食店部門)へ

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu