銀座・朧月 濃厚つけ麺(並・750円)

19/04/2012東京,銀座,ラーメン・ちゃんぽん,ひるベスト!!!

朧月-01jpg
いつも行列が絶えない店に、
その姿がないのを見つけたら、
「これはお店が呼んでいるんだ。」
と、都合よく思うことにしていますが、
この日もそんな日でした。
とはいえ、ドアの先にはまだ数名の待ち行列。
席数が少ないカウンターのお店なので、
先客の背中を視界に入れつつ、食券を買うことに。
元々、メニューは濃厚つけ麺に決めていたので、
あとは麺の量だけ。
240、360,480グラムの3つから、
並の240グラムのボタンを押しました。
魚介香るつけ汁、
どろっとした舌触りだからこそ、
中心まで旨みが染みてくるこの感覚。
重量級なのにキレもある、
そんな感じの濃厚加減です。
当然ながら、
つけ麺の汁自体には少し口をつけたら
麺に絡めて食べ進めますが、
これだけ旨さが心地いいと、
器をカウンターに置くことを忘れてしまいます。
そこに絡める熱々の麺。
唇に当たるムチムチの食感と張り。
スープが飛び跳ねないように丁寧に食べ進めつつも、
ちょっと細かく刻まれたチャーシューが絡めば、
スーツでワイシャツな姿から着替えたくなる勢いです。
「あつもりで!」の注文を忘れていたところを、
すぐにお伝えしたら、快く変えてもらったり、
一つ一つの動きが丁寧だったり。
そんな姿を見ていると、
行列の絶えない理由が分かるというものです。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu