東京 銀座 物産展 ひるベター!!

銀座・松屋銀座店「GINZAの福島物産展」~じねん亭鶴乃舞 鰊の山椒漬け炙り押し寿司(1,260円)~

投稿日:17/01/2007 更新日:

07-01-17-1.JPG
 一人のブッサニストとして久しぶりに足を運んだ物産展は、京王の駅弁大会ではなく松屋銀座で開催中の福島物産展。
 松屋の物産展は、いつも8階の大展示場全体を使うのだが、今回は同じ開催期間で「黒井健 絵本の世界展」という、ファンにはたまらないであろうイベントも開催されているので、スペースも店舗数も少なめ。
 ということで、混雑も控えめだったこの日購入したのは、「ふくしま特産品コンクール・食品部門ふくしま特選品大賞」のタイトルを受賞した、鰊の押し寿司。
 で、包装紙を解くと…
07-01-17-2.JPG
 2枚の豊かな香りの竹の皮が現れて、更にその下から現れたのが、さわやかな香りの笹の葉5枚で包まれた長方形。そして笹の葉を解くと…
07-01-17-3.JPG
 目の前に広がるのは、黒米と白米のブレンドによる酢飯と、見た目に香ばしく炙られた鰊の半身による重厚な押し寿司。食べやすいサイズに切られてはなかったので、割り箸で酢飯と鰊を挟み、恵方巻のごとくにがぶっとかぶりつく。すると中からは…
07-01-17-4.JPG
 甘く煮込まれたしいたけと、山椒の実がたっぷりと姿を現す。
 実は、このお寿司の味は、笹の香りから始まって、鰊ではなく、先にしいたけと山椒の味と酢飯の組み合わせによる味へと続き、しばらくかみ続けることで、ようやく鰊の旨みがじんわりと、そして濃厚に広がる。とにかく、笹の香りの印象が強い。
 見た目と味の展開に多少のギャップがあるので、考えながら食べることになるのだが、笹の葉の香りと鰊の旨みが心に残り、咀嚼の重要性を教えてくれる一品であることには間違いない。
-------------- 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-東京, 銀座, 物産展, ひるベター!!

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.