青森市・あんちゃん ポークソテー(1,200円)

04/04/2009青森,東北,洋食,よるどき

「青森市の住宅街に「あんちゃん」という飲食店があります、さて、どんなお店でしょう?」
このお店を知らない人は、おそらく居酒屋さんとかラーメン屋さんをイメージするかもしれないが、そのお店は洋食店。しかも、帝国ホテルの厨房で腕を磨いたシェフのお店だ。
だから、このお店に行くときは妙に期待が高まってしまう。どれを食べても旨いのは分かっているからこそ、今日はどんな旨さが出てくるんだろうと。
この日もそんな期待を胸にお店に行って、新しくメニュー入りしたポークソテーを注文した。
090404-01.jpg
まずは、手作りドレッシングが注がれたサラダ、日替わりの味噌汁ではなく、味噌仕立てのスープが運ばれてくる。シャキシャキと瑞々しい野菜や、鶏の旨みが効いたやさしい味を楽しんでいると、厨房に立ち上る火柱の姿が見える。
それから少しだけ待つと、「お待たせしました」という声と共に、すごいソテーがお目見えした。
090404-02.jpg
まるで、わらじのようなソテーの厚みは約2センチ。しかも、隣に添えられたナポリタンが、完全にメインと対等関係になった太っ腹な一皿。
090404-03.jpg
ほんのり甘口で気持ち酸味が効いたトマトベースのソースが、赤身の肉汁と脂身から溶け出すコクの旨みを高める。シンプルなソースだからこそ、肉とソースの両者がしっかりと主張された味になっている。
一口、また一口とグシュグシュ噛み続ける。それに比例してエキスが広がり、口の疲労感を忘れさせてくれる。
そんなソテーの合間に食べるナポリタン。
ケチャップだけが勝った味ではなく、バランスよくトマトの味が出た洋食屋さんのナポリタン。アルデンテから一歩やさしい食感なのに芯が通った食感。ベーコン、マッシュルーム、玉ねぎの定番具もしっかり絡む。
食べ終わりには、お腹には他のものが入る余地がなくなってしまうボリューム。ごはんが進む味を知りつくしてこその味だから、そんな量にもかかわらず一気に食べてしまう。
そういえば、あんちゃんとはあまり話したことがない。厨房に一人で立ち、一生懸命にフライパンから立ち上る火柱を操る背中を見ていると、声を掛けるのが申し訳なくなるからだ。だから、一品一品に熱い思いを込めるあんちゃんとの会話は、これからも皿を通じて続けていこうと思う。
でも、「ありがとうございました」と言ってくれるあんちゃんの顔、実はものすごく素敵だったりする。もしかすると、これを見るために通っているのかもしれない。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu