青森県黒石市・Cafe drama 街に流れる時間がドラマになる。

26/06/2010青森,東北,カフェ/喫茶店,ひるグッド!

100502-35.jpg
人にとって、カフェに求めるものは十人十色。
例えば、午前と午後を切り替えるための、スイッチの役割だったり、
職業を演じる人が一日の終わりに立ち寄る、自分に戻るための楽屋だったり、
あるいは、人と人とがつながるための連結点だったり。
どういうわけだか、カフェには色々と求めてしまう。
黒石のメインストリート・こみせ通り沿いに4月にオープンしたのが、
このCafe dramaというカフェ。
100502-32.jpg
元々、パスタ・ピザのお店があったこの場所に、
表参道のカフェで働いていた黒石生まれの方がUターンして、
居抜きの店をリノベーションした空間。
前のお店時代から引き継いだカウンターはそのままに、
お店の壁にはオーナーが好きな映画を流している。
100502-30.jpg
ランチタイムから少し過ぎた時間に立ち寄ったので、スイーツとドリンクを注文。
ふわっと軽い口当たりのティラミスと、
大正天皇が口にした水と同じ水源の水で淹れたという大正コーヒー。
ずっしりと飲みごたえのある一杯がいい。
100502-33.jpg
ところで、足を運んだ時期は桜の時期。
ということで、シーズンメニューとして黒板に書かれていたのが「桜ラテ」。
100502-34.jpg
ホットにしてもアイスにしても、
桜のフレーバーシロップを使うだけじゃなく、黒石の桜の花弁が添えられる。
こういう心遣いが、お店の記憶を一層深いものにしてくれる。
100502-36.jpg
このお店を切り盛りするのは、まだ若い一人の女性。
黒石の地に戻り、お店を始めた理由というのが、
「街の中に人が集まるコミュニティ空間を作りたかった。」からとのこと。
愛郷心が形になったこのお店。
その想いがお客さんに伝わることで、きっと今日も新しいドラマが生まれているはずだ。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu