東京 銀座 カレー ひるグッド!

銀座・楸(ひさぎ) ステーキカレー(1,000円)

投稿日:29/05/2007 更新日:

07-05-29-1.jpg

午前中、ある方と岩牡蠣についてメールでやりとりしていたら、いてもたってもいられなくなった自分。気が付くとランチタイムには楸のカウンターに座って、ステーキカレーを注文していた。

これでもかと煮込まれた牛肉のエキスから始まる、欧風系のカレーソースは、ドミグラス的なコクが膨らみ、その余韻が保たれながら、飲み込む手前ぐらいでぐぐっと、スパイスによる刺激が舌中に広がる。この展開が心地よい。また、クルミと松の実がたっぷりと入っており、同系異種のアクセントが濃厚なソースの中に効果的な存在となっている。

そんなソースの上に置かれた主役の2品はというと…
07-05-29-2.jpg
 
 牛肉は、かなりレア状態。ソースに思い切り熱が通った肉が入っているので、肉エキスをストレートに味わうステーキと、肉エキス+スパイスによるソースという組み合わせは、肉を楽しむというコンセプトとしては申し分ない組み合わせ。
 
 ただ、
07-05-29-3.jpg

 やはり、自分にとってはこの一粒が主役。この時期のマガキということで、特に産地が気になるのだが、今日のは意外にも三重県産。

 グラマラスな姿のカキソテーは、半分生、半分ソテーという具合の火加減で仕上がっており、外套膜を噛むことで広がるエキスと、内臓部分のうっすらと生感が残ったコクがたまらない。
 
 食後、この時期の夜メニューを見てみると、こんな気になる一品が。

07-05-29-4.jpg

 くりぬきたての大きな岩牡蠣を使ったカキフライ…食べなければ。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-東京, 銀座, カレー, ひるグッド!

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.