池袋・浮浪雲 Red Chicken Hot Spicy Noodle(780円)

27/01/2015

150127-02
結構な頻度でお世話になっている、ラーメン屋さんの浮浪雲。
その店頭には新商品のポスターが掲げられているのですが、最近久しぶりにリニューアル。明治通り沿いに並ぶ数店のインドカレー屋さんのごとく、店頭がアジアンな感じになっています。
ということで、早速店内に入って食券機のボタンを押してみました。

150127-01
「私、辛いですよ!」のオーラをまといながら、目の前に現れたつけ汁。
恐る恐る少しなめてみると、ビリっと走る鋭い刺激。タイのレッドカレー的な味わいで、スパイシーな中にココナッツミルクの風味を感じさせます。

これを彩る具材は一口大にカットされた大根、にんじん、そしてカボチャ。逞しい平打麺を浸して服に跳ねないように慎重に啜れば、唇がヒリヒリするほどにパンチのある刺激。
でも、辛さはやみつきになるもので野菜の甘さも手伝って、不思議と手は止まりません。

久しぶりに、つけ麺の大盛340グラムを食べたところで、残ったスープは約半分。
「ライス追加!」とお店の方に伝えたくなる気持ちになった一方で、胃袋は既にパンパン。
次は普通盛り+ライスの組み合わせで決定です。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから