平塚・平塚餃子センター 焼餃子、水餃子、そして冷し餃子

07-05-02-1.JPG
 おでんサミットの後、桜をブラブラを眺めてから立ち寄ったのが平塚のこのお店。「センター」という店名とはまったく違って、限りなく居酒屋である。
 そんな店内に入って、最初に注文したのは焼餃子。
07-05-02-2.JPG
 ここの餃子の特長は、その皮の厚み。餡がたっぷりという餃子ではなく、皮を食べる感覚の餃子。なので、香ばしく焼かれた餃子にタレをつけて食べると、皮の味とラー油の辛味がじわっと口の中に広がっていく。
 で、次に注文したのは水餃子。
07-05-02-3.JPG
 はっきり言って、ここの水餃子は鍋物である。野菜がたっぷり入った水餃子は、皮が厚めという部分が長所となりワンタンのような感じになる。そして、ダシを思い切り吸い込むのも皮の部分。なので、ムチムチの皮と野菜を食べる鍋という具合。でも、妙に身体が受け付ける味。
 そして、メニューで見つけたときに、注文すべきか迷った冷し餃子を注文。
07-05-02-4.JPG
 何かと思ったら、餃子を使ったサラダであった。でも、餃子は冷えている。そんな冷えた餃子を一口食べる。これは想像したよりもいい。さしずめ、シーフードサラダで言うサーモンのように、餃子が鎮座している。
 ちなみに、皮が厚めなので揚餃子を食べるときには、口の中を切らないようにする必要がある模様。
————-
 最後までご覧いただき、ありがとうございます。今日も応援の一押し、よろしくお願いします。人気blogランキングへ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家

食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。

お仕事に関するお問い合わせは、local.fooddesign@gmail.comまでお願いいたします。

takapuをフォローする
神奈川関東中華料理/その他中華系料理よるどき
ひるどき日本ランチ日記