高円寺・ペペルモコ 嗜好品の引力

24/12/2012東京, 杉並区/中野区, カフェ/喫茶店, スイーツ, ひるたび・さんぽ

ペペルモコ-04.jpg"
Happy Christmas!!


121223-05.jpg
初めて高円寺に立ってみると、
駅から放射線状に広がる商店街の数に驚いてしまいます。
昔、マーケティング天国という番組が好きだったのですが、
そのベストセラーランキングでよく登場したのが「高円寺純情商店街」。
実際に歩いてみると、城ヶ崎アナのナレーションを思い出したり、
文明堂が妙に似合うなぁと色々思ったり。
妙な部分で感慨深くなりました。
で、バスロータリーに添って見つけたのが、高円寺中通り商店街。
そして入口に佇む珈琲店の、魅力的な外観に引き寄せられました。
まるで、青森のマロンや新潟のcafe砂場、あるいは徳島のいかりや珈琲店のようです。
最近、平成に生まれた口コミよりも
昭和の口コミの絆が強いと感じることが多くなりました。
外観から伺うに、ここも開店当初からのお客さんが知り合いを連れて来て、
カウンターに座るお客さんが増えていったんだろうなぁ・・・と。
もちろん、自分が好きなお店はこんな感じのお店です。
121223-02.jpg
お店に入れば、ご婦人とカウンターをぐるっと椅子が囲み、
常連とおぼしきお客さんとの会話に花が咲いていました。
奥の席に腰掛けて、壁に貼られた大きなメニューボードに目を移すとケーキセットの文字。
アメリカンやイタリアンなど、4種類のローストからジャーマンローストを選び、
4種類のケーキからカシスムースにしてみました。
豆の入った缶から分量がミルに移され、挽きたての香りがあたりを包みながら
入口のケースから運ばれたケーキが、カウンターに鮮やかな花を咲かせます。
121223-03.jpg
洗練された艶感、フォークで一口大にカットして口に運ぶと、
爽やかな酸味と濃厚な甘みの調和が一気に舌を走ります。
昭和のシンプルな構造ではなく、三層にムースが重なった味からは、
お店の雰囲気と違ってシャープな印象。
伺うと、代々木上原のダリオルールというお店のケーキを置いてるそうです。
そこに、朝に飲みたくなる優しいジャーマンロースト。
ケーキとの相性は言うまでもなく、
即興的な関係ではなく、毎日高まり合うような関係。
濃密なんでしょうね。
洗練されたカフェが次々とできる中で、
こういったお店にはマイスターとしての矜持を感じます。
でも、それはきっと自然体で生まれたもので、自然に培われたもの。
いつだって、引き寄せられる理由はシンプルなんですよね。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu