東京 京橋 洋食 ひるベスト!!!

京橋・Dozen Roses 特製魚介のピラフ(1,575円)

投稿日:15/12/2006 更新日:

06-12-15-1.JPG
 このお店のランチタイムメニューは、ハヤシライス黒いカレー、そして魚介のピラフの3本柱によって構成されている。このうち、ハヤシライスと黒いカレーは、過日に実食していたので、この日は残った魚介のピラフを注文することに。
 カウンター越しに、シェフがサラダを作り、
06-12-15-2.JPG
 それを食べながら、ピラフを作るシェフの姿を見ると、身体は火と正対しながら、後ろにあるワイン箱から調味料を取り出すというムダのない動き。
 そして、バターライスの上に、チーズソースが絡んだ魚介が、ふんだんに盛り付けられたピラフが運ばれてきた。
06-12-15-3.JPG
 白身魚のフリッター、エビ、ホタテによって、バターライスが隠れている状態に。
06-12-15-4.JPG
 まず、パプリカとマッシュルームが入ったバターライスを、濃厚なチーズソースに絡めることで、ソースの味を楽しむ。
 次に、エビとレア気味に仕上げられたホタテに更にソースを絡めることで、たっぷりのチーズの層と、魚介そのもの味による、2層の味わいを楽しむことができる。
 そして、この濃厚な味に対して、フリッターのカリっとした食感の軽さが、アクセントとして効いているという3つの流れによって、味が作られている。
 また、定番のトマトのペースト、らっきょう、お漬物も、ソースの濃度にプラスアルファを加算してくれるので、濃いものを食べているときにありがちな単調感は皆無となる。
 3種類のランチメニューとも、しっかりと作られていることと同時に、ランチタイムでこの高さの満喫度を与えてくれるお店、なかなか見当たらないものである。
-------------- 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-東京, 京橋, 洋食, ひるベスト!!!

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.