代官山・SASA ハンバーガー(1,000+ドリンクセット350円)

25/12/2013東京, 渋谷区, 洋食, ひるベター!!

131221-01.jpg
数日前の三連休、クリスマスシーズンということもあって、
電車の混み具合たるや、なかなかのものでした。
もちろん代官山も例に漏れず、
いつも以上に歩道の幅が狭く感じたものです。
そんな代官山の駅に電車が到着する時、
必ず目にするのがこのハンバーガー屋さん。
線路沿いゆえ、駅から徒歩30秒のアナウンスに
偽りはありませんでした。
ウエィティングの合間に、
店頭のメニューを一通りチェック。
その成果なのか、席に着いたら自然と
ハンバーガーとコーヒーのセットの声がでました。
サイズはS、R、Lの3通り。
でも、ここは真ん中を選ぶことにしましょう。


131221-02.jpg
運ばれて来たのは、バンズをスライドさせて、
パティとソースを露出した、被写体志向の強いプレート。
大きめのバーガー袋に詰めたら、
こぼれ落ちることに躊躇わず、
大胆にひとかぶり。
表面さっくり、中ふんわりのバンズは、
エキスを受け止めるスポンジ。
そこに、肉汁に瑞々しいトマトの酸味、
胡椒の刺激が効いたグリルドオニオンのアクセント。
咀嚼の足し算で生まれる味が、
しっとりと吸収されます。
口元にソースが絡むのは、
思いっきり楽しんでいる証拠。
そんな感じに食べるのが正解。
ポテトもピクルスも、
あっと言う間にプレートから消えて、
コーヒーカップの底が見えたらごちそうさま。
レジ横にハンバーガーの3サイズ模型があるのですが、
目を奪われたのはパーティーサイズの巨大ハンバーガー。
きっとどこかで、
これを囲んだイヴの夜が更けて行ったのでしょう。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu