新橋・香味 魯肉飯と麻油鶏そうめんのセット(735円)

香味-01
台湾料理気分になったら、駆け込むべきは新橋のこのお店。
ということで、この日も魯肉飯を注文。
ただ、メニューに麻油鶏そうめんという言葉を見つけたからには、
セットで注文せざるをえません。
鶏のコラーゲンや脂膜が覆う白湯スープ、
そこに泳ぐそうめんは、やや固めの茹で加減。
まるで博多ラーメンのようです。
スープが表面をコーティングした麺を啜り、
一口大の鶏肉と交互に噛み締めて喉の奥へ。
そうめんという言葉の印象とは真逆の、
不思議な感覚が味わえます。
そして魯肉飯。
しっかり煮込まれた豚バラ肉とひき肉を、
ご飯と一緒に頬張れば1時間の小旅行。
ごちそうさまと共に旅は終わりを迎えますが、
パスポートがいらないのですから、気軽なものです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家

食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。

お仕事に関するお問い合わせは、local.fooddesign@gmail.comまでお願いいたします。

takapuをフォローする
東京新橋/汐留ひるベター!!
ひるどき日本ランチ日記