日比谷・いなにわ 牡蠣饂飩(1,200円)

08/11/2007東京, 新橋/汐留, うどん, ひるベスト!!!

 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
071108-00.jpg
 住所は西新橋、最寄り駅は内幸町、なのにビルの名前は日比谷セントラルビル。そんなビルの地下1Fにあるのが、この稲庭うどんのお店。店名はストレートに「いなにわ」。
071108-01.jpg
 店内に入り、お茶とお絞りが運ばれてきたのと同時に、注文したのは牡蠣饂飩。数分後に向かいの席に座った方が注文したのはカレー饂飩。それも気になると思ったところに、運ばれてきたのはえらく大きな器に入った稲庭うどん。


071108-04.jpg
 しかしまぁ…でかいカキですなぁ…そんな、9センチクラス、しかも平べったいのではなく、プリプリとしたカキが大盤振る舞いの5個。ある意味、うどんの蓋になっている。
071108-03.jpg
 カキエキスが染み出たダシは、見た目の色合いのとおりベースが薄味なので飲みやすく、具の大ぶりなカキに余分な味をつけることがない。これぞグラマラスといった具合のカキは、ワタの苦味も外套膜の階差がある磯の味も申し分なし。
 そして、チュルチュル、ムチムチとし、咀嚼したときの思った以上の弾力の持ち主は、紅葉おろしが馴染んだダシとしっかりと絡まり、アクセントの効いた味となり、箸を止めるタイミングが見つからない。
 
 大ぶりのカキ、止まらないうどん。この組み合わせを食べ進めると、カキが数個残るという贅沢な問題が発生するのだが、うどんの後には…
071108-06.jpg
 
 セットでついてくるダシをごはんに注ぎカキを載せてカキ丼の出来上がり。いやぁ…これが旨い。うどんでお腹一杯に、そのあとは御飯で更にお腹一杯に。
 このお店、実は去年から佐藤養助の直営店になっているのだが、味はそうなる前の味を守っているとのこと。「華があるべきは味だけで十分。」そんな強い意志を持ったお店である。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから

Posted by takapu