有楽町・とんかつまるや ロースかつ定食(700円)

15/09/2011東京,有楽町,揚げ物,ひるベター!!

110914-01.jpg
千円札でちょっとお釣りが来るぐらいの予算で、
美味しいものが食べたい。
しかも、がっつりとしたものが食べたい。
と思うことが、月に一度ぐらいある。
そんな欲求に応えてくれるのが、
有楽町ビルの地下1階にある、とんかつまるや。
ここは、新橋を本拠を構える、コスパ高き老舗とんかつ屋さんの有楽町店。
お昼時間の店内は、ワイシャツ姿のサラリーマンで埋め尽くされ、
さながら、白い戦士の休息の場。
ランチメニューメニューの基本は、ロースとヒレの美味しい二択に、
エビカツと、美味しいどころ取りのロース・ヒレミックス。
ということで、初めてのまるやなので、ロースカツを注文。


110914-02.jpg
揚がり立てアツアツのカツから、
真ん中の部分を引き上げて早速一口。
110914-03.jpg
綺麗な脂身、クセがなくじゅわっと溢れる脂とエキス。
ほわっとした甘味とざっくりした男系の衣の組み合わせは、
「これこれ!」と、納得させる逸品。
110914-04.jpg
あとは、塩で食べるか、
110914-05.jpg
ソースで食べるか。
キャベツをわさわさを頬張って、
赤だしで口を引き締めつつ、
ごはんとカツの組み合わせでエネルギーメーターを満タンにする。
お店の置くに掲げられた「人生カツを喰らって勝つ!」の言葉通り、
とても勇ましいお店です。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu