有楽町・とんかつ繁 特上ロースかつ定食(1,300円)

22/01/2007

07-01-22-1.JPG
 以前から、行列が気になっていたガード下のお店へ。到着した時点で7人待ち。ということで、店の横にある細いトンネルの両端にある椅子で待つ。すると、お店のおかみさんが現れて、注文を取ってくれたので、特上ロースかつ定食を注文。
 あとは、スポーツ新聞とストーブを頼りに、待つこと約18分。ようやくカウンターに空席ができ、席へと誘導されると、今度は待つこと約5分でごはん、味噌汁、お新香の定食セットが、カウンター越しに次から次へと出される。
 これを席で並べていると、今度は濃厚な香りが目の前に広がる。顔を上げるとそこには…
07-01-22-2.JPG
 迫力の一言しか浮かばないロースかつがあった。
07-01-22-3.JPG
 厚さ2センチ面積10センチ以上のトンカツは、5切れに分かれているので、まるで2センチ四方のスティック物体を食べているかのように、ボリューム満点。
 ガリっと大きなパン粉による、衣のたくましい食感に続くのは、じゅわっと広がる肉汁。特に、脂身からあふれ出すそれは、単なる脂ではなく、しっかりと旨みが詰まった脂。
07-01-22-4.JPG
 あとは、豪快にかぶりつくなり、レモンをかけてかぶりつくなり、時にキャベツを挟みながら、ソースをかけてかぶりつく。
07-01-22-5.JPG
 このロースかつ定食、ご飯もたっぷりと盛られるのだが、実は主食はご飯ではなくロースかつである。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから