有楽町・マーブル ラムカレー(850円)

26/06/2007東京, 有楽町, カレー, ひるグッド!

 旨いランチと郷土食フリークの皆様、お待たせしました。ひるどきでございます!!!!!!
さて、現在のひるどきは何位になっているでしょう?
07-06-26-1.jpg
 ふと、有楽町界隈のビル群にあるお店の経験が、意外に少ないことを思い、足を運んだのはラーメン中本の向かいにあるカレー屋さん。
 店頭にできていた行列に加わり、あと二つ席が空けば自分の番というところで、店員さんに注文を尋ねられてしまい、入口に貼られていたカレーの写真を見てラムカレーを注文。
 で、店内に入ると約1分で目の前に運ばれてくるという早業。山盛りのキャベツが築地の中栄を思い出させる。
 ソースを口にすると、なめらかでしっかりとした口当たりからコク、そして舌先から心地よさを悶絶を一緒に連れてくる辛さへと、次々に転じていく。また、ラムの肉を噛むと、ソースに負けない個性がいかんなく発揮されつつ、臭みはいい具合に抜けている。
07-06-26-2.jpg
 つまり、「こんなにクセがないんじゃ、羊肉を食べた意味ねぇよ」的なものは皆無である。
 ご飯とソースを食べ進めるところで、リンゴ酢のドレッシングがかかったキャベツとカレーソースを絡めて食べると、元々辛口なソースの強さに酸味とキャベツの甘みが加わることで、味の深みが増す。
 こうなると、お店の一番人気だというインドカレーを食べねばという気持ちになるのだが、これから暑くなると行列が更に伸びることは確実か。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ
 

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu