東京 赤坂 カレー カフェ/喫茶店 ひるベター!!

赤坂・ファンソンカフェ 酵素玄米の奄美カレーセット(1,050円)

投稿日:31/07/2007 更新日:

 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!!
 ところで、現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
070731-01.jpg
 赤坂の裏通り、えらく値段が高そうなマンションや、そこにラブホが潜んでいるエリアに、見ただけで和みなカフェがポツンと。ここは、この方や、こんな方こちらの方、そして静岡な方が足を運んだことがあるお店。
 
 そんな、このお店はオーガニックカフェ。
070731-02.jpg
 なので、履歴がはっきりとした有機野菜のラインナップが店頭に。で、店内に入ろうと…したら、満席。ということで、再びラインナップを熟読していたら、席が空いたので入店。
 席数が9席程度しかない小さなお店なのだが、小さな雑貨から大きな楽器まで、あらゆるものがお店の色となり空気を作り出している。
070731-03.jpg
 さて、2種類のランチメニューから注文したのは、酵素玄米の奄美カレーセット。有機野菜+奄美のウコン+玄米という健康度高めな組み合わせ。ある意味、ずるい。
070731-04.jpg
 本日の野菜のスープ。細かく刻まれたタマネギと皮付きのジャガイモの味が、液体にしっかりと濃い味を伝えている。シャキシャキの食感から伝わってくるのは、一片が持つたくましさ。
 で、細長いお皿に盛られたカレーが運ばれてきた。 
070731-06.jpg
 香り高く、それだけでコクを感じてしまうソースは、サラサラ度が高い滑らかな口当たり。
 そして、素揚げの野菜をソースと共に口にし歯を動かすと、油で封じこめられた野菜の味が、ソースのコクやスパイスと一体になり、一気に広がる。ピーマンにしてもニンジンにしても、その味が愛しくなってしまう。
 このソースと一緒になる酵素玄米。無農薬で無化学肥料な玄米に小豆を加えて、特別な炊き方で仕上げたもの。炊き上がりまで2時間かかるこのお米。餅米以上に心地よいモチモチとウマウマな甘みを持っている。そこに、濃厚でスパイスの刺激が効いたソースが絡む。やはり、ずるい。
 入店から食べ終わるまで約30分。でも、こういった時間を過ごすと午後は仕事なんてそっちのけになりたくなってしまう…
 ちなみに、このお店のアイドルである…
070731-05.jpg
 このワンちゃん、これも一種の反則か。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ
 

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-東京, 赤坂, カレー, カフェ/喫茶店, ひるベター!!

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.