【ドライブイン西十和田/青森県黒石市】煮干しダシしっかりのラーメンと、フワフワぎょうざのセット

青森,東北,ラーメン・ちゃんぽん,ひるベター!!

焼きそばのイメージが強い青森県黒石市ですが、ここは津軽の地。煮干しラーメンだって街の生活に欠かせません。ただ、確かに「どこでニボるのがいいか?」という話になると、ぱっと思い浮かぶお店は少ないもの。となるとここは、地元の方のご案内に頼るのが一番。

ということで、駅前の繁華街から黒石温泉郷方面に車で15分ほど移動。やってきたのはドライブイン西十和田。黒石から八甲田山方面に向かう道路沿いの立地なので駐車場も大きく、お店の入口に置かれた「昔の味」がなんともいい味を出しています。

ドライブインの文字を見ると、横文字だからか和洋揃ったレストランっぽいメニューを想起しがちですが、綺麗な文字が躍動するメニューには麺類や定食とカレーが揃ったラインナップ。これはまごうことなき大衆食堂スタイル、かつて繁華街にあった百年食堂・長崎家が幕を下ろした街では貴重な存在です。

青森県黒石市・長崎家 冷し支那そば(550円) | ひるどき日本ランチ日記
東京も陽射しが強いなぁと思ったら、涼やかな風がコンクリートの上を駆け巡ったり。こんな季節になると、黒石の食堂・長崎家で夏に出される、冷し支那そばが恋しくなる。 汗をしたたらせなが…

注文したのはぎょうざラーメンセット。

大きな器の中には、中細の縮れ麺が透き通るスープにチャーシュー、メンマ。そこに津軽の煮干しラーメンに欠かせないネギとお麩。ビジュアルから伝わる「これです!これが津軽のラーメンなんですよ!」感の強さがたまりません。

煮干しの香りを浴びながら麺を啜ると、煮干しダシのパワフルな旨味とさっぱりした口当たりの、津軽のスタンダードスタイル。もも肉のチャーシューも丁寧な作りで、お麩もいい仕事。やっぱり、この味っていいですよね。どこか家庭的で外食感が強すぎない。だから食べ飽きない。それが丁寧に作られているんですから、旨いに決まってます。

セットの餃子は大ぶりのが3個。皮はモチモチ餡はジューシー。ラーメンと同じくチュルンと口に吸い込まれていく感覚。ラーメンのサイズに比べると箸休め的なポジションかもしれないですが、むしろ箸が休む余地を与えません。

そんな2つの料理の味を受け止めるのが、米どころ・黒石の黒石米。バクバクと一気に進みます。メニューにあった「当店で使用しているのは黒石米です」の文字に誇りを感じます。

食後感はしっかり満腹、そして煮干しの余韻。これはもう、わざわざ車を走らせて暖簾をくぐるしかありません。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign