赤坂・和知 まぐろ丼(1,000円)

20/07/2010東京, 赤坂, 寿司/刺身, 丼もの, ひるベター!!

100716.jpg
ある小さなビルの2階、
エレベーターを下りると目の前には行列。
空席ができたらお店のご主人に呼ばれ、
そのままカウンターに座る。そして、まぐろ丼を注文する。
酢飯の土台の上に、目の前で積み重なるマグロの山、
中トロ、赤身、中落ちの3種類が大胆に盛られ、
そこに卵焼きが添えられる。
水っぽさなく、トロッととろける脂に赤身の酸味。
中落ちは最後の一口に取っておこうか、それとも中盤で食べようか。
しっかりと魚の旨みが溶けだしたアラ汁を口にしながら、
食べ進め方をじっくりと考える。
ごはんの量は、普通、中、大の3種類。
隣に座っていた女性が「あぁ、これなら中でよかったかも」
というぐらいに、ご飯とのバランスを考えると中がベストバランスと思える。
というよりも、大を食べつくした人は、
きっと午後2時ぐらいに、昼寝したくなるはず。
圧倒的なボリュームと圧倒的なコストパフォーマンス。
そりゃ、店に人が絶えない理由なんてない。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu