銀座・ 珈琲館 紅鹿舎 ピザトースト(1,000円)

30/06/2014東京, 銀座, カフェ/喫茶店

140625-01.jpg
ある日のお昼、
慶楽のスープチャーハンを食べようと、
有楽町のガード下を抜けたところで、
ふと思い出したのが一軒の喫茶店。
そこは、日本で初めてピザトーストを
メニューとして出したお店。
…という話は色々な媒体で有名なのですが、
そういえば未訪だなぁと思い、店内に入ることに。
店員さんにカウンター席に案内されると、
目の前にはサイフォンで珈琲を淹れる姿。
そんな所作を眺めつつ注文するのは、もちろんピザトースト。
あとは運ばれてくるのを待つだけですが、
時間がかかるオーブンメニューだったり、
やはり他のお客さんもピザトースト待ちだったり。
結局、最初にアイスコーヒーとマカロニサラダ、
そしてゆで卵が運ばれてきてから、
20分ほど待つことになりました。
運ばれてきたのは、4センチの厚さのイギリスパンに、
たっぷりのチーズが乗った艶々のトースト。
三等分にされた一切れを持つだけで、
ずっしりと重量感を指先に感じます。
一口食べれば、ふんわりしたトーストの中に、
たっぷりのチーズ、想像を上回る量のチーズ。
これがとろけてピザソースと一体になって広がるコクは、
豪速球のようにズドンと舌に乗ってきます。
二切れ三切れ、マカロニサラダを合間に挟んで食べているうちに、
ゆで卵と半切れのバナナが入る隙間を、
胃袋の中に作るのが難しくなってくる。
それだけのボリュームですが、
不思議と食べられるのがピザトーストというもの。
すっかりクリームと混ざってしまった
アイスコーヒーを飲み干してお店を出れば、
お腹はもうたぷたぷ。
夕食まで空腹の心配なんて不要です。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu