銀座・H&M

25/09/2008

080924-01.jpg

2004年
にニューヨークに行ったときのこと。
五番街のとあるお店の前に立つと、まるで3×3の仕切りがされたような箱に、大勢の買い物客が吸い込まれていき、ビニールバックを片手に満足げな顔をしたお客さんが、再び五番街へと姿を現していた。
それから約4年半。一度はアバクロのほうが先に上陸すると思われていたのに、今、東京に旋風を巻き起こしているのは、H&Mのほうだった。
例えば、数年間に始まったカール・ラガーフェルドやステラ・マッカートニーといった、毎年発売される有名デザイナーとのコラボアイテムの発売日には、店頭には行列ができあがるのだが、銀座店の店頭から伸びる行列は、それに負けじとばかりに7丁目から信号を超えて8丁目まで続いていた。
やっとの思いで店内に入ると、確かに4年前と同じ光景が広がっていた。そして、4年前と同じようにTシャツを買って店の外に出た。
080924-02.jpg
その足で向かった先は京橋。万年筆でお馴染みパイロット本社の1Fで、お茶を飲めることを思い出したからだ。
店内に入って注文したのは、ハイティーのケーキバージョン。NYチーズケーキを注文して、暑さから逃れながら、少し遅めの昼食。
そういえば、このお店の名前は“Pen Station Cafe”、このお店のことを教えてくれたのはNYつながりで知り合ったこの方
気がつくと、東京でNYつながりの時間を過ごしていた。
 今日もご覧いただきありがとうございます。一押し、よろしくお願いします。人気blogランキングへ。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから

東京, 銀座, 京橋

Posted by takapu