秋葉原・銀座ライオン(秋葉原ラジオ会館店) ローストビーフピラフ(1,300円)

19/09/2014

銀座ライオン(秋葉原ラジオ会館店)-01
7月の建て替えで生まれ変わった、秋葉原のシンボル・ラジオ会館。黄色地に赤と青の照明看板は以前と同じですが、不思議な安定感のあった佇まいから、空に向かって虹が伸びているような姿になっています。

銀座ライオン(秋葉原ラジオ会館店)-02
このラジオ会館の歴史の中で、初めて飲食店テナントとして入ったのが銀座ライオン。この組み合わせにちょっと珍しさを感じたのか、いつの間にか地下に向かう階段を降りていました。

[ad#ad-1]

銀座ライオン(秋葉原ラジオ会館店)-03
店頭に置かれたメニューには、銀座ライオン名物のローストビーフを筆頭に、ビアホールらしいラインナップの洋食ランチメニューがずらりと。席に案内されても注文がなかなか決まらなかったのは、秋葉原っぽいカツカレーやナポリタンの文字に惹かれたから。ですが、ここは名物のローストビーフにすることに。

銀座ライオン(秋葉原ラジオ会館店)-04
ただ、ローストビーフの下には大量のガーリックピラフ。長さ30センチ近くある白い皿のボリュームは相当なものです。

銀座ライオン(秋葉原ラジオ会館店)-05
料理のタイプがタイプなので一気呵成にバクバクと。ローストビーフのごちそう部分たる食感と、一粒一粒にガーリックがしっかり効いた味は、やっぱりビール絶対主義なものでした。
ちなみに、ランチプレートだったりナポリタンだったり、このお店のランチメニューはどれもボリューミー。会館を隅々まで歩き回ってからの訪問をオススメします。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから