むつ市・あらそば この大盛り味噌ラーメンを拝まずして、むつ市を後にしてはなりませぬ。

14/11/2008青森, 東北, ラーメン・ちゃんぽん, ひるベター!!

081106-01.jpg
先日、大湊海軍コロッケを食べ歩いた際に立ち寄った一軒のお店。実は、自分が青森に来て以来、「ここは、絶対に一度は行くべきだ!!!!」と、多くの方から言われ続けていたお店。
あらそばという屋号のこのお店、店の入口の横には、「中華の店 あらや」という看板もあるのだが、お客さんにとっては「あらそば」。これだけで通用してしまう。
そんな、偉大なる4文字が刻まれた暖簾をくぐり、店内に入ると大きな厨房とカウンター、そして畳の座敷。思えば、東京にいた時は畳の座敷があるラーメン屋さんに縁がなかっただけに、これがスタンダードなんだなぁと改めて感じる。

081106-02.jpg
このお店のメニューはシンプル。だからこそ、どれも食べてみたくなる。ただ、ウワサに聞いた「運ばれてくるときにすごい光景を目の当たりにできる」メニューということで、まずは王道とされる、みそラーメンを注文。
おばちゃんが一人で切り盛りしている姿をカウンター越しに見ながら待つ。大きな厨房の中で動き回るおばちゃんの姿は、かっこいい。
そんな姿に見とれていると…すごい光景が目の前に現れた。

081106-03.jpg
もうもうと立ち上る湯気、その源はたっぷりのネギが盛られたみそラーメン…というより、溢れんばかりの…いや、溢れまくりに大量のスープが注がれたみそラーメン。しかも、ラーメン丼の下には学校給食のようなお盆。これが、丼からあふれ出した熱々のスープを受けとめる。
このお盆、自分の目の前に持って来ようとすると「揺れる→お盆にスープがたまる→お盆が熱々の状態になる」を経て、一歩間違えた瞬間にはおでんコントみたいな状態になってしまう。特に白いワイシャツを着て食べる時には注意が必要だ。

081106-04.jpg
そんな見た目のインパクトだけではなく、味もしっかり大満足。ひき肉、もやし、ニラ、にんじん、といった魅力的な具材軍団が、濃厚でコクがあるのに飲みやすいスープを存分に吸収し、面白いぐらいに麺に絡んでくれる。
麺を引き上げれば、新しい湯気が立ち上ると共に具が絡み、これを思いっきりすする。なんというか、「味噌ラーメンはこう食べたい!」という欲をすべて満たしてくれるので、大量の丼を食べきれるだろうかという不安要素は吹き飛んでしまう。これが魅力だと思う。
そして、もう一つの欲であるスープライスについても、しっかりと対応。

081106-05.jpg
唇がヒリヒリするほどに唐辛子が効いた、自家製のラー油を1滴2滴落として、あとはかきこみあるのみ。あれだけたっぷりのラーメンを食べたばかりなのに、ベツバラのごとくに食べてしまう。
実は、このお店にはもう一つ名物があるという話を、色々なルートから聞いていたのが、更におばちゃんから裏メニューの話も聞いてしまい、少なくともあと2回は訪問するんだなぁと心に決めて、流れる汗をぬぐいつつお店を後にするのであった。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから

Posted by takapu