【エルム/青森市】創業約50年!青森のオーブンメニューとパフェの殿堂へようこそ。

17/06/2008

080616-01.jpg
青森駅には、昔から地元人に親しまれている2大喫茶店がある。一軒は、不夜城のように怪しげな雰囲気を持つマロン。そして、もう一軒がこのエルム。
自分は、土曜の午後に行くことが多いのだが、この時間帯の店頭にはいつも数多くの自転車が置かれている。
そのショーケース越しに見えるのが、パフェ、ドリア、パスタ…酢豚が一番上に陳列されている中華料理店のごとく、数多くの喫茶フードが陳列されているその姿は、ただの喫茶店じゃないことを発信している。


080616-02.jpg
店内は、ポップな外観と180度変わって、純喫茶系の落ち着いたたたずまい。ただ、まだ2階席に行ったことがなく、この時間帯に必ず階段を登る女子学生ご一行さまが、どんな空間に身を置いているのかは未確認。
080616-03.jpg
豊富な喫茶フードメニューの中でも、目を引くのが名物のオーブンメニュー。平日も土日もそうなのだが、東京を含めてお昼時間にこのメニューを提供しているお店は少ない。それが約20種類もあるというのだから、ありがたいことこの上なし。
080616-04.jpg
上に乗った大きなクルトンが目印の、チキンがごろごろたっぷり入ったエルム流チキンドリアに、
080616-07.jpg
大きなハンバーグが鎮座し、中にはチキンやソーセージもたっぷりと入った「ガリバーさんの好きなドリア」。両方のメニューのキモとなるホワイトソースは、トロっと濃厚なのに塩のしつこさは皆無。
080616-08.jpg
もちろん、ランチセットも完備されている。これは、ナポリタンセット。ボイルされたウィンナーが、妙に心をくすぐるところ。
これでもかと、フードメニューのカードを持っているこのお店は、創業なんと約50年。永きに渡ってオーブンメニューにこだわり続けているその姿勢、お店のカラーにこだわらず、簡単にメニュー構成や業態を変えるような店は見習って欲しいところ。
そして、このお店で30年前から始まったパフェメニューは…
080616-05.jpg
必ず付いてくるこのメロンソーダと共に堪能。全種類の詳細を、こちらにて紹介することになるのだが、50種類もあると…うれしい悩みだ。
 皆様のクリックで、青森を応援してください!人気blogランキングへ。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから

青森, 東北

Posted by takapu