青森県弘前市・le bourgeon この街にはシャーベットもよく似合う。

27/08/2014青森, 東北

le bourgeon-01
弘前公園から土手町に向かう途中、
春に桜が乱れ咲いていた道沿いに、
花見名物のりんごシャーベットの屋台が置かれていました。
気温も手伝って口に甘さが欲しくなる瞬間、
気がつけば、このお店の前にたどり着いてました。
東京のオーボンビュータンで修行をされたパティシエが、
このお店を開いたのは一昨年の10月のことですが、
カフェに和菓子から大学芋まで、一年中甘味のメッカたる弘前の地は、
自分の足をあまりにも遠回りさせました。
le bourgeon-02
そんなお店の店頭に見つけたのは、
アイスクリームとシャーベットの文字。
数分後の涼感に誘われてお店に入ると、
ガラスケースにはケーキや、爽やかな色合いのギモーブ。
そして、豊富な丁寧な仕事が施された焼菓子が並び、
冷房が効いた店内で心揺れ動きます。
そんな中で注文したのは、
初志貫徹でアイスとシャーベットのダブル。
アイスクリームからはプラリネを、
シャーベットからはグレープフルーツを選抜です。
(黒板からその文字が消えているのは、食後に売り切れてしまったのです・・・)


le bourgeon-03
上段にはグレープフルーツのシャーベット、
下段にプラリネのアイスクリーム。
シャリっとした爽やかな口当たりから、
柑橘の酸味と甘みが溶け出して、
暑さで少しだらけていた身体を軽快に。
そして、プラリネの濃厚な香りとコクへと、
流れるように滑らかなリレーがなされました。
食後、再び店内に戻って、
焼き菓子やギモーブを買ったのは必然です。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから

Posted by takapu