池袋・グリル百舌 カツカレー(840円)

23/01/2015

150109-03
壁に描かれたオムライスやハンバーグのイラスト、官印のようなデザインロゴ、そして手書きのメニュー。

池袋駅から徒歩10分程度の立地で、味わい深く年を重ねた洋食店がグリル百舌です。

150109-02
店内に入ると目に飛び込んでくるのは、この豊富なメニュー。カツのバリエーションにフライの組み合わせ。ステーキ、ハンバーグ、オムライス、ナポリタン…洋食店の醍醐味はメニュー選び。カタカナで埋め尽くされたボードに嬉しくなります。

で、迷った末に選んだメニューが、カツカレー。スープにサラダが並んだところに主役の登場です。

[ad#ad-1]

150109-01
このルックス、まさに洋食店のカツカレー。サクサクの衣をじんわり染めるカレーソース、いたずらに厚くすることなく、カレーとのバランスを考えた食べ心地のボリューム。ちょっと懐かしく、そして普遍的な美味しさがぎっしり詰まっています。

もちろん、次のメニュー選びに迷うのは当たり前なのですが、再訪に迷いはありません。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから