銀座・ony 味噌バター カキフライとホタテ茶漬け(680円)

19/01/2007

07-01-19.JPG
 この人がここ数ヶ月で始めた、未来予報型ブログ「ここイコ!」を見ると、妙なカキ料理を発見。ということで、銀座のおにぎりカフェへ向かい、少しためらいつつ注文。
 二階に上がって席に座り、待つこと約7分で運ばれてきたのがこれ。メニュー写真では、固形のバターが残っているのだが、運ばれた時点でバターは全て溶けてしまい、そのままだしを口にすると脂でベトベトな状態に。
 ところが、味噌を混ぜてもこの味噌が強すぎるため、お茶漬けとはかけ離れた、独自性が強すぎる味。カキフライも運ばれた時点で衣がフニャフニャ、しかもバターの味を強く吸いすぎており、バター衣を食べている感じになる。
 正直、このメニューでカキフライを使うのであれば、天むすならぬカキフライむすびを売って欲しい。
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから

東京, 銀座, 和食

Posted by takapu