青森・堤川の普段着の桜が、とても綺麗なのです。

23/04/2008青森, 東北

080423-01.jpg
 今年の青森の桜は早咲きモード。
 弘前公園のさくらまつりも、露店の営業やライトアップが前倒しで始まり、正に今がピーク。日が暮れて、ぼんぼりに灯りが点れば、桜は艶やかな顔へとその表情を変える。
 そんな弘前公園、自分も週末に東京からのお客さんと共に、訪問する予定ではあるものの、人通りの多さでゆっくりと楽しむことができるだろうか…という一抹の不安。そこで、足を運んだのが青森市内を流れる堤川。
080423-02.jpg
 川沿いに植えられたたくさんの桜の木は、道路を挟んでトンネルになっている。
080423-03.jpg
 そんな桜を照らす陽射しによって、路上には花びら一枚一枚の姿がくっきりと映し出される。
080423-04.jpg
 薄いピンク色のフィルターを通して空を見ると、日常なのに非日常の時間にいるような。
080423-05.jpg
 そんな普段着の桜の姿も、あと数日すると緑色へと移り行く。そんな色つながりの時間の記憶を、
080423-06.jpg
 鈴木やきそばの濃厚なピンク色と共に、頭に焼き付けることに。
 人気blogランキングへ。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu