青森 東北 揚げ物 スイーツ ひるベスト!!!

五所川原市・あげたいの店 あげたい…あげたい?あげたい、あげたい!

投稿日:07/09/2008 更新日:

080904-01.jpg
五所川原には、鯛焼きを油で揚げる「あげたいの店」というお店があることを、一人でも多くの方に紹介したい。
お店に入って左側に見える鯛焼きの金型が、東京オリンピックの開催を記念して、翌年に作られたものだということを凄いと思い、それを今でも大事に使っていることを心から尊敬したい。
080904-02.jpg
しかも、小学生から大人まで、気軽に買える値段だということがありがたい。
だから、あげたい、チョコあげ、クリームあげ、バーガーあげの4個を注文しても、財布にやさしいことが本当にありがたい。
自家製の餡子がたっぷり詰まった鯛焼きを、金型の横にあるフライヤーで丁寧に揚げていること、木の椅子・テーブルから身を乗り出して、それを見ながらドキドキ・ワクワクしたことを残したい。
こんがりと揚がった鯛焼きが一つ一つ丁寧に紙袋に包まれ、まとめて受け取った瞬間に「おぉ!」と、リアクションじゃなくてリアルに驚いた自分に正直に、温度が下がらないうちに食べてしまいたい。
080904-03.jpg
お砂糖が振り掛けられた甘い3種類には、それぞれ目や口に色がついているので、それを目印に中身を見分けたい。
080904-04.jpg
定番の「あげたい」おもむろに頬張ると、お砂糖の甘さ、パリふわとした生地、そしてやさしい甘さの餡子が合体。
すると、とんでもなく美味しい味になったことを、絶対に強調したい!!!
そして、気をつけて食べないと、アツアツを頬張った時に上あごが火傷しそうになるぐらいだということを、しっかりと自分の肝に銘じたい。
080904-05.jpg
「チョコあげ」だって、生地にチョコが染み込むんじゃなく、チョコレートソースがしっかりとあふれ出すことを、洋服にこぼれそうになったことと一緒に、覚えておきたい。
080904-06.jpg
「バーガーあげ」という不思議な名前のあげたいの中身が、肉まんの具のようだということに、何故だか妙に愛おしくなったことも覚えておきたい。
これなら何個でも食べたい。
これなら何度でも食べたい。
だからまた、このお店に行きたい。
そして、このお店がすごいんだということを、まだ食べたことがない人に全力で伝えたい。
皆様のクリックで、青森を応援してくだたい!人気blogランキングへ。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-青森, 東北, 揚げ物, スイーツ, ひるベスト!!!

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.