有楽町・谷ラーメン ラーメンと半チャーハンのセット(1,000円)

20/04/2007東京,有楽町,ラーメン・ちゃんぽん,中華料理/その他中華系料理,ひるグッド!

07-04-20-1.JPG
 有楽町のガード下には、とんかつ屋さんがあればデリがあり、立ち食い鮨のお店があれば、看板が怪しげなオーラを放つラーメン屋さんがある。
07-04-20-2.JPG
 入口にある食券機で、このお店の名物であるラーメンと半チャーハンセットの食券を購入し、店内に入って目に入ったのは、ちょっとコワモテのオヤジさん。でも、こちらの方によると優しいオヤジさんらしい。
 そんなオヤジさんに食券を渡してカウンター席に座ると、大音量で聞こえるのがフライパンがガス台をこする音、おたまがぶつかる音。そんなどこか心地よい金属音が狭い店内に響く中で待つこと約8分。まずはラーメンが運ばれてきた。
07-04-20-3.JPG
 器に入った麺がはっきりと見える程に、透明度が高いスープは、トンコツベースでありながらも、飲み口がスッキリとした、いかにも東京ラーメンといった飲みやすさ。
 一方、麺はつるつるシコシコといった少し固めの茹で加減。それでも、スープの旨さがしっかり絡むところが、トンコツの強い部分が持つ長所たるものか。また、チャーシューはガブッ、グシュグシュッと、強い食感が口の中で響くがっつり系。脂身のシャクっとした噛み心地とのコントラストも楽しい。
 そして、ラーメンを食べ進めていると、今度は半チャーハンが運ばれてきた。
07-04-20-4.JPG
 素朴な見た目とその味には寸分のギャップもなく、まさに、ラーメン屋さんによる真っ当に旨いチャーハン。タマネギの甘さとシャキシャキした食感、そして、後味として黒胡椒がピリっと効いているのがツボ。半チャーハンの量ではあるものの、それ以上に何かを満たしてくれる不思議な味。
 1967年に開店したこのラーメン屋さん。先代のころから40年もこの味を守り続けている間に、世の中では色々なラーメンが生まれたものの、ここで提供しているのは「いつものラーメン」。妙に気取ってない味だからこそ、その本質が愛され続けているのだと思う。
————-
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu