銀座・松屋銀座店「GINZAの福島物産展」~鳥久精肉店 相島牛ジューシーメンチ(210円)~

17/01/2007

07-01-17-5.JPG
 鰊の押し寿司を買った後に立ち寄って買ったのが、このメンチカツ。ものすごくお肉を大事にしていることが伺える紙袋から、1枚のメンチカツを取り出す。
07-01-17-6.JPG
 がぶっと食べると、それは、肉の味がしっかりと感じる旨いメンチカツ。高密度な牛ひき肉とタマネギによる旨みと、衣の食感の組み合わせが、アイテム的にはB級ながらも味はA級という、いわばAB級グルメ。もちろん、ソースはいらない。
 このお肉屋さん、「相馬牛」という福島県・相馬市で育てられる黒毛和牛のうち、A5の肉だけを使っているというこだわりのお店。食べて納得がいくその味は、物産展の目的を改めて考えさせる一品でもある。
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから