銀座・poorcafe 山形氷ラーメン(ドリンクセット・890円)

28/06/2008東京, 銀座, ラーメン・ちゃんぽん

旨いランチと郷土食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
さて、現在のひるどき、順位はいかほどに?
080625-05.jpg
うどんを食べてから20分後。自分は昭和通りを渡って、4年ぶりに山形の冷やしラーメンを食べていた。
シャリシャリ氷のスープと、しっかりと氷水で引き締められた麺。オリーブオイルの香味油が麺にしっかりと絡んでいる。溶け出した濃厚なダシ氷をレンゲで口に運ぶと、まるで舌にダシそのものを乗せたかのように、ズドンと強い味が広がる。
080625-07.jpg
ただ、そばつゆのようにダシが強いスープと麺の相性はというと、どうしても冷やしの部分が主役となるだけに、凍ったスープが溶け出して麺に馴染むまでには時間がかかる。だからこそ、油が重要ではあるのだが。
アツアツのスープとアツアツの麺、あるいはつけ麺のように、濃いつけ汁と麺の相性を分かっていて食べるという感覚とは違う。しいて言えば、冷製パスタに似ている。
初めから麺とスープが一体になって、しっかりと「冷やし」になっている麺。しかも、強烈にダシが効いた味。どこかにないものだろうか…
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu