青森県弘前市・しまや いつもの店の若生おにぎり

06/09/2014青森, 東北, 居酒屋/パブ, ひるたび・さんぽ, よるどき

しまや-01
ナポリタンを食べて、シャーベットを食べて。
片仮名料理が続いたら、やっぱり恋しや津軽の味。
口の中で花開く爽やかな香りや、
特製の味噌がしっとり馴染んだ茄子の紫蘇巻き。
跳ね返さんとする弾力と、吸い込まんとする歯触りから感じる、
ツブと凍み豆腐の煮物の絶妙な味加減。
そして、シンプルイズベストなゼンマイと白滝の和え物。
気取ることないその姿は、まさに津軽の食卓に上る質実剛健な料理。
だからこそ、この店のカウンターに座ると、
家族と囲む食卓のように安らげるんです。


しまや-02
おかみさんは「鍋で煮るだけなんだから簡単だよ」と、何かの度に言うものの、
この色になるまで身欠きニシンに味を染み込ませるのは、
手をかけすぎない引き算の技術あってのもの。
しまや-03
夏の時期だからこそのいがめんち。
生食以外の食べ方で魚介を食べるときは、
旬にこだわるということに、無頓着になり気味ですが、
シーズンベストの理由を聞けば納得、美味しさに大満足。
イカの保存手段がなかった時代のごちそうに、感服するしかありません。
しまや-04
しまやが壁に掲げた黒板にオススメを書くようになってから、
結構経った感じですが、
そこに食べ覚えのない料理の名前を見つけたら、
注文しないわけにいきません。
そんな「肉汁」も、味がしっかり染みた日本酒指向の美味しさ。
たっぷり入った野菜のやさしさと、豚肉の甘みに包まれながら、
最後の一滴まで飲み干します。
しまや-05
シーズンの初物だという里芋の煮付け。
粘りを通じて、畑の歳時記が次のページに移り変わったことを感じます。
しまや-06
そして、〆めは若生おにぎり。
このお店が舞台となったJR東日本のCMで、
お客さんの女の子が食べているあれです。
「3つ行ってまれ!」と、おかみさんはエールを送りますが、
昆布の旨味を纏ったごはんを一口食べれば、5つぐらいいけちゃう美味しさです。
遠くに弘前ねぷたの太鼓を聞きながらの時間、
夏から秋への移り変わりを、五感で堪能させていただきました。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから

Posted by takapu