海外 ひるたび・さんぽ

JALPAK presents 行っチャイナ!食べチャイナ!~中国ウマウマ食い倒れツアー~ その8・「小橋流水」にて。

投稿日:

china_300_50banner.jpg
 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
071006-76.jpg
 憧れだった上海雑技団のカーテンコールを見ながら、再びバスに戻り向かった先は、今日の夕食の場となる「小橋流水」。
 そして、このお店で食すメインは、旅のアイコンの一つである上海蟹。
 思えば、自分にとっての上海蟹というのは、数年前に香港で食べた老酒漬けのみ。下戸の身にとっては、味噌も身もお酒の味しか感じなかったので、実は味のイメージがほとんど浮かばず、期待と同時に「また、老酒漬けが来たらどうしよう…」という不安が実は大きかった。
 と、思っていたのだが、ガイドさんからいただいたメニュー表を見ると、そこに酒という文字は書かれていなかった。
 上戸の方には理解してもらえないかもしれないけど、下戸の方にとってはおそらく同意いただける。そんな見る人によって低くもあり高くもある壁を乗り越えて、最初の前菜とご対面。
・前菜の盛り合わせ
071006-77.jpg
 まずは、視覚を満たす一品ということで、クラゲとダックのブラックソースの存在感が印象的なこのプレート。ただ、個人的にはインゲンへの油の絡まり方がツボに入った。
・アスパラと蟹足のさっぱり炒め
071006-78.jpg
 アスパラの瑞々しさが、カニ足の甘みを少し軽い口当たりにし、まろやかな印象が残るように、上手くまとめあげたもの。
・シェフ自慢の蟹味噌のまんじゅう挟み
071006-79.jpg
 ピリ辛、まろやか、たっぷり、ワクワク、そんな色々なキーワードを饅頭が全て包み込む。今から思うと、この身をほぐした量を作る手間というのはすごいもので。
071006-80.jpg
 そう、この量。やはり、手間がかかるに違いない。
・蟹味噌豆腐のとろとろ煮込み
071006-81.jpg
 甘めの味噌味に、ご飯が欲しくなったというのが率直なところ。豆腐が絹ごしなので、カニの身の感触による印象を損なうことなく、どちらもしっかりと主役になった一品。
・剥き蝦の蟹味噌餡かけ
071006-82.jpg
 プルプルの弾力と、蟹味噌の豊かで贅沢な味の足し算。甲殻類同士の組み合わせは、お互いの長所がダイレクトに。
・上海蟹の姿蒸し
071006-83.jpg
 ここからは、メインディッシュの上海蟹。雄と雌が一杯ずつ。
071006-84.jpg
 ガイドさんの手による剥き方実演にしたがって、無言で剥く、そして味噌を食す。
071006-85.jpg
 雄の味噌を食べた後、雌の味噌を食べる。やはり旨いのは後者か。
071006-86.jpg
 足も食べる、とにかく無言。5分、10分、15分…全員が、蟹と戦いつつも蟹を堪能し、蟹を楽しむ。
071006-87.jpg
・蟹チャーハン
071006-88.jpg
 とにかく、この日は蟹ずくし。インディカ米のチャーハンには、同じように細くほぐされた蟹。
・小柱と蟹味噌のとろみスープ
071006-89.jpg
 小柱の旨みがじわんりと溢れたスープの味を引き締めるのも蟹味噌。 
・蟹味噌入りの小龍包
071006-90.jpg
 スープたっぷりの小龍包の上にも蟹味噌。
・季節のフルーツ
071006-91.jpg
 とはいえ、最後は蟹味噌ではなくスイカとナシ、そしてぶどう。
 酔っ払い蟹の味しか知らなかった自分、これでもかという量のシラフの蟹を食べた自分。一種のフィルター越しに見ていた印象がガラッと変わった。来年の日本でも9月、10月が待ち遠しくなる。そんな気持ちでお店を後にする。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-海外, ひるたび・さんぽ

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.