池袋・浮浪雲 ブラックチキン(720円)

02/09/2014

140901-01.jpg
行きつけのラーメン屋さんに、
新メニューの予告看板が掲げられると、
待ち遠しいものです。
で、数日前に見かけたのが「9月1日、ブラックチキン」の文字。
春日にある2号店では、既に限定メニューとして提供されていましたが、
ようやく池袋にお目見えです。
早速、食券機でボタンを押そうとしたところ、
小ライスつきというボタンを発見。
ただし、そこには赤く「売切」の文字が灯ってました。
ということで、麺大盛で注文し待つことしばしで丼が目の前に。
一番の特長はストレートの平打ち麺。
整然と丁寧に並べられた姿はまるでイカダのようです。
そして、その上には鶏チャーシューとたっぷりのほうれん草、
ブラックということで3枚の大きな海苔が、ダムのようにそびえ立っています。
スープにレンゲをスッと挿せば、トロンと滑らかな感覚が伝わり、
口に運べば定番の鶏白湯の濃厚な旨味に、脂のコクとかえしの強さが折り重なって、
実に男子向けの味わいとなっています。
平打ち麺にしっかり絡み、啜れば啜るほどに、
唇が滑らかに動き、段々と勢いがついていきます。
で、これだけしっかり目のスープなので、
ほうれん草が効いてきます。
少しずつ解してスープと麺に絡めれば、
青さが味のアクセントにもなり、
食べやすさも加速します。
海苔の香りとチャーシューの弾力に見守られつつ、
スープもしっかり飲んでごちそうさまでした。
次は売切ボタンが灯る前に、小ライスセットを注文したいものです。
きっと、スープに海苔が絡めば素晴らしいお雑炊になってくれるでしょうし。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから