【大阪府西梅田】『brasserie boo PLUS』で、お肉の盛り合わせとゴルゴンゾーラペンネを満喫する1時間

22/08/2015大阪, 居酒屋/パブ, ひるたび・さんぽ, よるどき

150530-24

夕食時の西梅田界隈でぽっかり空いた1時間。

訳あって腹6分ぐらいでとどめておきたい中で、視界に入ったの赤い外壁が目を惹くブラッセリー。

「2、3品でお酒を合わせて…」というイメージと共にお店に入ると、案内されたのは、壁を挟んで隣の空間。元々はイタリアンだったスペースを改装し、PLUSを付した店名で展開していました。

メニューを見れば、つまめるもの大皿一品と主食系を欲していた自分にとって、期待通りのラインナップ。

目移りする中から、お肉の盛り合わせとゴルゴンゾーラのペンネを注文しました。

150530-19

想像を上回るボリュームで姿を現した盛り合わせ。生ハムにソーセージにパテに。ゆっくりじわりと少しずつ、塩が馴染んだお肉のエキスを噛みだしていきます。

もちろん傍らにはビールがあるのですが、1杯だけの自主規制なんて設定しなきゃよかった…と後悔です。

150530-20

そして、ゴルゴンゾーラのペンネ。こちらも、少しずつ手を伸ばすにはうってつけ。

濃厚なチーズの香りとコクをしっかりとペンネに絡めて、残ったソースをバゲットでぬぐいながら一滴残らず収めます。

150530-23

そんな感じに食べながら眺めていたのはランチメニュー。そこには、お得感溢れるとんかつや、焼肉とスクランブルエッグのコンビネーションランチ、そして大阪なすと豚肉の味噌炒めの文字。

夜の一時間で味わう美味しさと、ランチタイムの一時間で楽しめる美味しさ。その両方を口にしたくなるのは仕方ありませんよね…?

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu