弘前・しまや 2ヶ月後、またお願いします。

01/02/2009青森, 東北, よるどき

090131-01.jpg
自分が青森にいらっしゃるお客さんを、必ずと言っていいほどご案内するお店、それがこのしまや。
最低でも月に一回は通っており、津軽に伝わる味や食材の旨さを堪能することで、新入り青森人としての自分に、津軽の本質を教えてくれる。
上品で旨みたっぷりのダシ汁に漬かった、つぶ貝と凍み豆腐を煮たもの。
090131-02.jpg
豚肉の串焼き。その上に添えられたワサビは、なんと青森産。一瞬で消える刺激と爽快感の余韻が、肩ロースのエキスや脂のコクを際立たせる。
090131-03.jpg
そして、鱈の煮付け。この日は珍しく干してない鱈。グシュグシュ感を通じて魚の味を感じるのではなく、身の弾力が魚の旨さを教えてくれる。
090131-04.jpg
居心地よく、まったりと過ごすに最高なこのお店。実は2月と3月の2ヶ月間、おかみさんが入院して持病のリハビリを行うということで、お休みとなる。
正直、自分が色々とお世話になっていることもあって、次にこのお店と会うことができるのが4月だと思うと本当に寂しく、この2か月で万全の体調になってもらうことを、願わずにはいられない。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu