築地・魚竹 鮪中とろ・やりいか刺盛定食(1,200円)

03/03/2008

 旨いランチと郷土食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
さて、現在のひるどき、順位はいかほどに?
 
080303-01.jpg
 久しぶりに、旨い白飯が食べたくなって魚竹へ。
 たまたまあった空席に座り、店頭のメニューから刺身の盛り合わせ定食を、ご飯大盛りで注文。
080303-02.jpg
 まず、おかずの前にご飯一式が運ばれてくる。熱々のご飯から立ち上る湯気の香りは、深くやさしく、いつの間にか喉の奥まで満たしてくれて、本能に「食べなさい」と訴える。
 割り箸を二つに割っておもむろに口に入れると、舌の上に旨みがふわっと、そして咀嚼するごとにじわっと広がる。この炊き加減、あまりにも理想的過ぎるので、固いとか柔らかいとかじゃなく、言うなれば旨い炊き加減。
080303-03.jpg
 そんなご飯と共にしたメシの友は、梅干、漬物、出汁がしっかりと効いた味噌汁、そして、たっぷりの脂や甘みを携えたお刺身。これらと共に味わえる幸せがたまらない。一心不乱にたまらない。
080303-04.jpg
 育つまでに八十八の手順を要する日本の宝は、ただ一つ、食べるという手順によって、何物にも変えがたい喜びへと変わる。
080303-05.jpg
 そんなことを思い起こさせてくれるから、この店が好きだ。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから