【cafe LIGHT KICK/青森県青森市】トライフル仕立ての甘い誘惑が止まらない

青森, 東北, カフェ/喫茶店, スイーツ

cafe-lightkick-01

青森駅のほど近く、街のランドマーク・中三百貨店。その役割に一旦幕をおろし2021年の再開準備に臨みます。その前に全フロアをあらためて回ってみれば、訪れてないフロアが結構あったんだなぁ…と、後悔するばかりでした。

そんなこんなで歩き回ったお腹は、ほどほどの空き加減。タイミングよく時間も午後3時。“スイーツが食べたいなぁ…”な気分です。

cafe-lightkick-02

そんなとき、真っ先に頭に浮かんだのは緑色の外観。今までもキャラメルプリンやランチのカレーの、おいしさとボリュームに驚かされた“cafe LIGHT KICK”。甘いものを欲する気持ちをギュッと受け止めてくれるのは、ここしかありません。

青森県青森市・Cafe LIGHT KICK 曇りガラス越しの借景 | ひるどき日本ランチ日記
年の瀬の青森、今日の時点では雪の量は思いのほか少なめで、 日当りのいい場所では、根雪の下の車道が姿を現すほどです。 思えば、2週間前に青森に来たときのほうが 街中を冷たい風に乗っ…
青森県青森市・Cafe LIGHT KICK チキンカレーセット | ひるどき日本ランチ日記
青森の街を見つめる一体の福助人形。 年末に訪れたCafe LIGHT KICKの窓際にて、 今日も抜群の安定感でお客さんを出迎えています。 目移りするような魅力的なランチメニュー…

おやつタイムということもあって、お店の中はスイーツを堪能するお客さんで賑わっていました。

cafe-lightkick-03

甘い誘惑が隙間なく踊るスイーツメニューの甘い誘惑。上から下まで並ぶ文字を追うごとに迷いが膨らみます。「和系?洋系?」「しっかり食べたい?」そんな自問自答の末に選んだのはキャラメルバナナ。“あ、またキャラメルものだ。”そう気づいたのは食後のことでした。

cafe-lightkick-04

でも、大きなグラスにたっぷり入った姿を見れば、うぉーーーーーー!!とテンションが上がるばかりです。

cafe-lightkick-05

濃厚でしっとり滑らかな口当たりのキャラメルプリンと、サクサクのパイ生地の組み合わせを、バナナの優しい甘さと香りがつなぐ。一口目にで至福の甘さを知ってしまえば、あとは蟹を食べるように無言で食べるしかありません。

モザイク仕立てのトライフルの魅力は一口ごとに微妙な変化が生まれること。それは甘さの濃淡だったり食感のメリハリだったり、キレイに重ねられたトライフルよりも動きがあるので、あっという間にグラスは空に。

cafe-lightkick-06

それにしても、ボリューミー。スフレが頂点に置かれたパフェスフレのインパクトたるやもう…また来るに決まってるじゃないですか。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから