【青森県八戸市】さすが青森三大ソフト!『ホロンバイル』のバナナソフト!!

04/04/2019

ホロンバイル-04

酔都の果実園でプリンアラモードを堪能した後、レンタカーでやってきたのは葦毛崎展望台。

【青森県八戸市】ここは酔都の果実園!『フルーツ&パーラーおだわら』のプリンアラモードは格別です!! | ひるどき日本ランチ日記
先日、取材で久しぶりに八戸へ。初めて訪れた八戸ブックセンターや、 マチニワの中で青く輝くシンボルオブジェ『水の樹』に見とれてしまいます。 打ち上げ花火よろしく上から見るか横から見…

ホロンバイル-05

この日はあいにくの曇り空。しかも帽子が吹き飛びそうな強風のオマケつき。それでも視界の先に広がる太平洋をひとりじめ。

ホロンバイル-06

種差海岸から更に伸びる海岸線を見ていると、心はまっさら晴天に。許されるなら一日中ずーっとここにいたくなります。

ホロンバイル-01

で、そんなスポットの名物は、ここホロンバイルのソフトクリーム。鰺ヶ沢のアビタニアジャージーファームのソフト、むつ市のボン・サーブのソフトを加えて、青森三大ソフトと呼ばれています。

ホロンバイル-02

以前はアフォガードをいただいたのですが、一番人気の支持を受ける『まきば』にするか、特製の文字が手招きするバナナソフトにするか…そういえば八戸は「みしまバナナサイダー」の街。ということでバナナに決定です!

八戸市・冬の種差海岸とホロンバイル | ひるどき日本ランチ日記
冬の種差海岸、雲ひとつない青空よりも所々に灰色の雲があったほうが、なぜかうれしくなる。それは多分、冬空に対するリクエストのようなもの。 一歩一歩、海に近づくと冷たい風に乗って大き…

ホロンバイル-03

いやぁ…香りは豊かで甘さ濃厚! 口溶けよく舌の上が黄色くなるんじゃないかと思わせるほど、とにかくバナナです。しかもボリュームもしっかり。風に吹かれて疲れた身体を甘さが癒やします。甘いものの連食ですがそんなこと関係ありません!

次はメロンか、はたまた『まきば』か。悩みは尽きそうにありません。ただ、おだわらのパフェ類、ホロンバイルのソフト。そして八戸駅前にある「さんぷく」のワッフルが、自分選定・八戸三大スイーツなのは一発回答です!

八戸・さんぷく はちのへワッフル(各105円) | ひるどき日本ランチ日記
青森行きの新幹線。盛岡に近づくと、時速200キロ以上の車窓に映るのは岩手山。雄大な姿に目を奪われて、じっと車窓を眺めること数十分。新幹線は八戸に到着する。ドアが開き、ホームに降り…
この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから