【三ツ木屋食堂/埼玉県さいたま市】すごいボリュームのカツカレーと、マヨタマハムフライ定食

07/08/2020食堂,埼玉,関東,カレー,揚げ物,ひるベター!!

三ツ木屋食堂(与野駅)の外観

京浜東北線・与野駅からゆっくり歩いて約10分、JRの線路を跨ぐ大原陸橋のすぐ近く。入口の引き戸や赤いテントは中華料理屋さんの装いですが、入口にかかる暖簾には「お食事処」の文字。

三ツ木屋食堂(与野駅)の駐車場

暖簾には三木屋と書かれていますが、正式な名前は三ツ木屋食堂。「ラーメン店がお客さんからの要望で色々な料理を作るようになって食堂になった」のは、老舗食堂あるあるの一つ。となれば自然と足が店内に向くものです。

三ツ木屋食堂(与野駅)のメニュー

店内はカウンター席とテーブル席のこじんまりとした空間。みんなの視線を浴びる献立表はズラリと書かれた麺類に始まり、ご飯物、一品料理という流れ。それを締める「中華定食 三ツ木屋食堂」の文字に、ルーツを大切にしていることがわかります。

その下には短冊メニューがたっぷり。貼る場所がちょっとピンチです感を出している壁には、定食類やセットメニューがひしめき合っています。

さぁ、こうなると迷うものです。ルーツのラーメンも食べたいですし、開花丼や肉丼といったちょっと変化球系の丼ものも魅力。冷し辛味肉みそめんと焼きおにぎりという、なかなかオペレーションに手間がかかりそうなコンビも気になりましたが…

三ツ木屋食堂(与野駅)のカツカレー

選んだのは大きなお盆に白い皿、思わず声が上がる見た目が嬉しいカツカレー。

シャキシャキの食感が心地よい玉ねぎがたっぷり、薄切りの豚肉もたっぷり、にんじんもゴロリ。なんとも気前のいい一皿。千切りキャベツと紅生姜、あとは小皿たっぷりの漬物。ソースの味はスパイシー&濃口。ごはんの量もあって力仕事の方や外回りのサラリーマンにうってつけ。

そして主役のトンカツ。頬張れば期待以上の厚さとサクサク感が待っていましたよ!いやぁ、これは毎日でも食べたくなる家庭的な味。だけど、なかなかの大鍋で作らないと絶対に作れない食堂ならではの味。暑くなってきた今だからこそ食べたいやつです。もう、あっという間にペロリ完食ですよ。

三ツ木屋食堂(与野駅)のマヨタマハムカツ定食

そしてこちらがマヨタマハムカツ定食。なんだかラーメン二郎のオーダー呪文のような名前の正体は、マヨネーズで和えたタマゴサラダを2枚のハムでサンドしたフライ。

粗目のパン粉のザックザク感と、ふんわりした中身の組み合わせが心地よく、ごはんとの相性よし!ビールとの相性バツグン!!な味。意外と食後感はさっぱり目なので女性向けな定食です(ごはんの量はたっぷりですが)。

どうやら50年以上の歴史を持つこの食堂。お腹がたっぷり満たされた食後感に浸れるだけでも嬉しいのですが、サービスで缶コーヒーを1本もらえるのも嬉しいポイント。次はカウンター席でテキパキと動くおかみさんとお話してみたいですね。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign