南橋本・青森軒 ラーメンと半チャーハン

30/08/2010神奈川,関東,ラーメン・ちゃんぽん,中華料理/その他中華系料理,よるどき

100830-02.jpg
今から数時間前、車を飛ばして南橋本へ。
その理由は、青森の文字を持つお店があると知ったから。
100830-01.jpg
小泊村出身のご主人が作るのは、
中華料理だったり定食だったり。
ショウガの効いたスープと、中華麺の香り。
そして、醤油味のチャーハン。
ファサードに洋食と書かれているので、
もしかしたら、「○○できる?」なんて、
アドリブも効くのかもしれない。
壁に貼られたメニューには、
「カツ」の文字が踊っているが、
それは色々な料理を出す青森の食堂精神。
次は、カツを使ったメニューと、
神奈川名物のサンマーメンという、
謎の組み合わせで攻めることにしよう。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign

Posted by takapu