青森 東北 和食 よるどき

青森・かあさんの味「みこ」 黒石出身のかあさんが作る、黒石やきそばと黒石つゆやきそば

投稿日:20/09/2007 更新日:

 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!!
 ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
070906-33.jpg
 嶽きみの天麩羅と天然ホヤの刺身を、これでもかと体内に取り込んで満喫した数十分後。自分は二軒目として案内されたこのお店の店内にいた。
 このお店は、黒石市出身の方が青森市で営業している、家庭料理系の居酒屋さん。そして、ここは青森市内でも珍しく、黒石やきそばを食べることができるお店である。


 元々、黒石やきそばというのは、大阪や広島でいうお好み焼き屋さんのように、専門店として営業しているお店が1軒しかなく、居酒屋や食堂で一つのメニューとして提供されていたもの。なので、居酒屋のメニューとしての黒石やきそばも、至極まっとうな黒石やきそばとなる。
 ということで、黒石やきそばと、最近のトレンドである黒石つゆやきそばを注文。
070906-06.jpg
 とにかくシンプル、ウスターソースの酸味と甘みがムチムチのそばに絡んで、口中に心地よい圧力をかけてくる。タマネギのシャクシャクした歯ざわりから溢れるエキスも、圧力に変化を与える意味で効果的。
070906-35.jpg
 一方、つゆ焼きそばを食べるのは初めて。
 そばつゆで使う和だしの、慎ましくもしっかりと前に出た味が、ウスターソースと絡むとなんとも不思議な味。一言で言うと、「不思議な厚みがある味」。ただ、食べる前に自分の中にあった違和感を感じることはなく、麺料理として一つの完成品となっている。
 このつゆ焼きそばというジャンルには、そばつゆと同じかつおや昆布の和風だしを使ったものと、動物系のだしを使ったものの二通りがあるのだが、同行いただいた方曰く、「動物系だしを絡めた味は、どちらかというとラーメンっぽい味」ということなので、今後、これは食べ比べのし甲斐があるというもの。
070906-07.jpg
 で、ここでもとうもろこしの天麩羅を注文。実は、この天麩羅をつゆ焼きそばのつゆに絡めて食べると…衣がつゆを吸い込んで、不思議な足し算による妙味になる。いやぁ…面白いもので。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-青森, 東北, 和食, よるどき

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.