青森県青森市・Vegicafe ちゃまま Aランチ(1,000円)

01/11/2009青森, 東北, 和食, ひるベスト!!!

090620-06.jpg
いわゆるマクロビなんてものは、ニューヨークや東京のように、多彩な生活様式が存在しうる場所だからこそだと思っていたが、このお店を知ってからはガラっと印象が変わった。

090620-05.jpg
お店柄がうかがえる黒板を見て店内に入ると、既に女性客で一杯の状態。男性客の姿がなく、ちょっと不安になったが性別で入るのではなく、そういう食事をしたいから入る。だから、気にならずの状態。

090620-02.jpg
で、そんなお店のランチメニューはAからCの組み合わせ。基本的なおかずとごはんの組み合わせパターンがあり、そこに組み合わせるデザートの違いがセットの違いとなる。ということで、Aランチを注文した。

090620-03.jpg
黒米入りのごはんを初めとしたワンプレートにバランスよく配置されているのは、マスタードシードの刺激が効いたキャベツの和えもの、モチっとした角麩が入った炒め物、そして肉の代わりに「おからこんにゃく」を使った酢豚風。どの料理も尖りなくやさしい味に仕上がっている。

090620-04.jpg
食後のデザートプレートも、色と艶で盛りだくさん。瑞々しい果物の自然な甘さと、お菓子の甘さ。

090620-07.jpg
考えてみれば、青森こそマクロビに適した地。食文化の多様性ではなく、すぐそこにマクロビ精神に乗っとった食材が豊富にあるだからだ。そう考えると、自分の中にある既成概念こそが邪魔なものなんだと思った。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから

Posted by takapu