【三寿司/岩手県盛岡市】粒より納豆がたっぷり!静かなる盛岡名物・なっとう巻

06/04/2012岩手,東北,和食,寿司/刺身,ひるたび・さんぽ

三寿司-01.jpg
数週間前、ちょっと夜遅めの時間に盛岡へ。

週末ということもあって、繁華街のお店は大入り満員。自分が行こうと思っていた三寿司も例に漏れず、カウンターもテーブルも満席。

ということで、お目当ての一つだった納豆巻を、お土産に包んでもらいました。

この素敵なルックス。波平さんやマスオさんが飲んだ帰りに持っている折詰は、きっとこんな感じなんでしょう。
三寿司-02.jpg蓋を開ければ寸分の隙間なく詰まった納豆巻き。黒く艶々した海苔をつまんで引き上げれば、丸々した納豆がぎっしり詰まった姿がお目見え。

早速、口に運んでみると、予想以上に納豆の香りが口に広がってきます。思いの他粘りが少なく、すっと噛み切れるのですが、モグモグと口を動かすたびに、段々と粘りが出て来て、この歯触りが心地いいんです。

一口サイズではなく、二口三口で食べ切る長さになっているのは、きっと、海苔やシャリを噛み切るこの食感あってのこと。

納豆巻のようなシンプルなものだからこそ、技を宿し工夫を凝らし続けることで、今も愛される盛岡の静かな名物。

一人で折詰を食べ終えたときには、咀嚼が止まらずお腹は一杯だったのですが、もう一つ折詰があったら、おそらく蓋を開けていたことでしょう。

著者プロフィール

takapu

ごはんフォトグラファー/Local-Fooddesign代表
食にまつわる各種コンテンツ制作(フォトグラファー、エディター、フードライター、インタビュー)、商品開発・リニューアル提案、PRツール・ロゴ制作などを手掛けます。
創業75年以上の老舗食堂を紹介するウェブサイト百年食堂の制作・運営もしています。
Local-Fooddesign

Posted by takapu