弘前市・カレー&コーヒーかわしま チーズフライカレー(750円)とコーヒー

090131-05.jpg

弘前のメインストリート・土手町は、食べ歩きをするにはうってつけの道。下土手町には居心地のいいカフェや中三百貨店が誇る味噌ラーメン「中みそ」がある。

弘前・CAFE JEEBA 1杯のドリンクと、2つのスイーツ。
弘前城の参勤交代の際に使われた街道だった土手町は、一本の道でつながっているもの...

一方、紀伊国屋がある交差点のほど近く、上土手町のエリアにあるのがこのお店。アーケードに描かれたカレー&コーヒーの文字が、妙に期待感を高めてくれる。

階段を上って店内に入ると、家族づれのお客さんやカップルのお客さん、あるいは仕事のエネルギーを充填しにきたお客さん。そんな色々な顔ぶれが、お店の空気感を無言で証明してくれる。

メニューを見ると、カレーライスのバリエーションがすごい。○○カレーものはもちろんのこと、カレースパゲティがあったり、カレー丼があったり。そんな豊富なラインナップから選んだのが、チーズフライカレー。

090131-06.jpg

まずは、一口ソースを。困った…青森で食べたカレーの中で一番好きな味だ。インド料理店のカレーのように、スパイスの足し算による瞬発力を食べるというよりは、カレーソースの深くやさしいまろやかな味を食べるといった具合。うーん…止まらない。

ここに、チーズフライを加える。トロトロのチーズが切れ目から流れ出し、やさしい家庭味のカレーに僅かな塩加減とコクを加えてくれる。カツカレーのような固形揚げ物の場合、カツとかはソースと交わることなく終わるが、これはしっかりと具であり調味料になってくれる。

また、プレートの横に添えられたポテトサラダは、素材の味を前に出したつくりで、少し粒子感が残っているのがツボ。しっかりとジャガイモしているこの一品は、箸休めにはもってこいというのではなく、立派な副菜。

そして、福神漬を…といきたいところだが、個人的なオススメは紅ショウガ。このお店のカレーソースと相性バツグン。酸っぱい刺激がカレーのコクを一層引き出してくれる。津軽では、いなりずしに紅ショウガを入れて赤くするが、思うに、ごはんと紅しょうがの組み合わせというのは、津軽の王道なのかもしれない。

090131-07.jpg

食後のコーヒーを口にしながら、次のオーダーに思いを馳せる。でも、近い将来なんてタイミングではなく、本当に近いうちにまた訪れたくなるお店だ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家

食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。

お仕事に関するお問い合わせは、local.fooddesign@gmail.comまでお願いいたします。

takapuをフォローする
青森東北カレーひるベスト!!!
ひるどき日本ランチ日記