【浜寿し義兵衛/青森県青森市】日本一の町寿司の夜の和定食

09/10/2018

浜寿し義兵衛−01

生まれて初めてくぐるお寿司屋さんの暖簾。

断片的な幼き日の記憶の中でも不思議とその経験は覚えているもの。もしその舞台が町の住宅街や商店街に店を構えるお寿司屋さんなら尚のこと。身近なハレの日を彩る存在として思い出話が弾む理由になります。

青森市の旨いものストリートこと三内小学校通り。うどんや食堂、たこ焼き、焼きとり…と、レベルが高く使い勝手のいい飲食店が並ぶこの通りには、もちろんお寿司屋さんもしっかり。しかも二軒あるんです。

その一つが『浜寿し義兵衛』。気前の良さが有名な町寿司の名物は、箸袋で三陸前を謳うネタ質と気前のよさ。

浜寿し義兵衛−03

例えばランチメニューだったら海鮮丼が驚きの540円の。値段から想像できないネタの質とサラダや茶碗蒸しまでついてくるボリュームは、気軽にお寿司が食べたいなぁ…なんて日の味方。シャリの上に鮮やかにネタが並ぶちらし寿司にも目を奪われます。

で、そんなお店で最近始まったのが夜の定食。

浜寿し義兵衛−04

なんと、寿司に天ぷらだけじゃなく、煮物や焼物などがついてくる寿司定食が驚きの1,200円! お寿司の代わりにお刺身と白ごはんがセットになった和定食も1,200円!!

浜寿し義兵衛−05

そして天丼まで1,000円で提供!!! これは迷うところです。でも、今回は和定食にしてみました。

浜寿し義兵衛−06

定食が来るでの時間は、瓶ビールとお通しのもずくが相方に。コリコリのもずく酢は出汁を効かせた旨酸っぱい仕立て。3つぐらい食べたくなるほど、クセになるおいしさです!

と…もずくが空っぽになって久しくなった頃、いよいよ主役が運ばれてきたのですが…

浜寿し義兵衛−07

いやぁ…このボリューム、凄すぎです!幅40センチほどのお盆に盛られた料理の数々、これで1,200円なんて考えられません!普通の家族の夕食がノーベル賞受賞を祝う会になるぐらいの勢いです!!

浜寿し義兵衛−08

地物メインの刺身や、大ぶりの海老や魚の天ぷら、焼魚、大きな卵焼き、豚肉のごぼう巻き、野菜の煮物、ナット昆布の粘りが効いた野菜の和え物、傘に酢味噌が塗られた椎茸…。

これだけでも十分なのに、味噌汁にランチタイムでもおなじみの梅干しと春雨が入った茶碗蒸し、野菜サラダ、食後のフルーツまで。一日の摂取おかず数を上回らんとする気前の良さに、感謝するしかありません!

これだけ品数があると、どれから食べようか考えてしまうところ。でも、迷い箸しそうな気持ちをごはん志向の味付けは裏切りません。どれを食べても旨い!の一言につきます。ただ、「何杯食べられるんだろう…」と意気込んだお腹が、おかずのボリュームで一杯になったことだけは予想外でした。

一品一品が小料理と考えれば、これは完全にビール向け…というより、もはやこれは日本一ビールが進む定食といって過言じゃありません!!

浜寿し義兵衛−09

寿司定食はホタテやマグロ、サーモン、季節の白身、鯵やしめ鯖の光り物が輝く江戸前にぎりが主役。でも、天ぷらや卵焼き、煮物などもしっかりと。気持ちボリュームが控えめな感もあって女性向けです。

いやぁ、この通り沿いに住む子供っていいなぁ…と。だって、こんなに気前よくおいしいものを提供する場所があるんですから。自分も生まれ変わったらこの通り沿いで生活したい。そう思わせてくれる町寿司の名店です。

【追記】先日、訪れたところ店頭に「テナント募集」の看板が。残念ながら閉店してしまったようです。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。「10年後でも古びないモノ・コトづくり」をコンセプトとした商品・サービス開発、既成品リニューアルをはじめ、食と旅がテーマのコンテンツ制作・事業、編集、撮影、執筆、漫画原作、講演を手がけています。プロフィール・事業実績はこちらから