【硯家/池袋】9月の暑さを忘れるには、スパイシー冷しカレーうどんが一番です!

06/09/2019東京, 練馬区/豊島区/板橋区, うどん, ひるベスト!!!

硯家-01

サンシャインシティから南池袋経由でジュンク堂書店まで。

まだ暑さの残る9月。街歩きが捗るとは決して言えない暑さの池袋を動き回っていると、ハンドタオルの湿度が高まるに連れてお腹はしっかり空くものです。

そんな身体をシャキッと引き締めたい!と、道すがらに向かった先は硯家。南池袋に2年間住んでいたときに、家の近く・明治通り沿いにあった南池袋店で野菜天うどんを食べたりと、何かとお世話になっていたお店です。

池袋・硯家(南池袋店) 野菜天ぶっかけうどん(720円) | ひるどき日本ランチ日記
うどん恋しき今日この頃、 熱々のお出汁もいいけれど、 気分はぶっかけうどん。 そこにたっぷりの天ぷらが盛られれば、 ハフハフとつるつるの感覚で、 恋しさが愛しさに早変わり。 上あ…

硯家-02

ランチタイムの混雑に空席を見つけて、自動ドアの向こう側へ。涼しい店内で迷いなく注文したのは、多分このお店で一番食べることが多かったスパイシー冷しカレーうどん。大盛りモードではあったんですが麺は普通盛り。

硯家-03

大きな器にたっぷり盛られたうどんとキーマカレータイプのおつゆ。しっかり混ぜたらいただきます。

つるつると滑らかな表面、モチモチとした逞しさ。このうどんを啜っているだけで暑さを忘れます。

麺にしっかり絡むキーマカレーもトマトの酸味や鶏ひき肉の味、そして野菜の甘さや食感がギュッと凝縮。軽やかに香るスパイスが、麺の喉越しと共にピリッと刺激を残します。

もちろん、一口目が始まれば止まることなく一気に啜るだけ。麺がなくなってもおつゆをグイッと完食しちゃうからこその普通盛り。

ただ、白ごはんの単品があれば、やっぱり投入しちゃいますよね…そんなカレーの旨さがしっかりだから、食べたくなるんです。

この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/Local-Fooddesign代表。食にまつわるテーマを中心に、新商品・サービスの開発とリニューアル、プロモーション・コンテンツの企画制作。各種編集、取材、撮影、執筆、講演をワンストップで手がけています。サービス内容はこちら。>>Local-Fooddesign